[通常モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 なんでこんな夢の続きなんか見なきゃい

けないんだ…。


 黒い霧の立ちこめる崖の底は視界も悪い

が、空気も気分も悪い。

 ついでに激痛が走る体を引きずって、こ

こで何をしようっていうのか。


 こんな夢終わってくれ…。


 当初ここに来たかった理由は文字通り霧

散して、ここで何をしたかったのかも分か

らず、ここに居なきゃいけない理由もな

い。


 待っていたらこの夢終わらないかな…。



 動くのも億劫でその場に座り込んでいた

ら、黒い霧の一部が輪郭をもった。

 それは見ている前で黒いローブの小柄な

人影になった。

 “谷には悪魔がいるっていう噂だよ”

 果物屋のおばちゃんの言葉を思い出して

緊張がはしる。

 しかし体は痛みのせいで動きが鈍く、襲

われたら終わりだ。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!