[通常モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 まだカーテンの外が暗い。

 何時だろうと思って時計を見たらまだ朝

の4時前だった。

 いくら夢見が悪かったといっても、こん

な時間から起きていたら授業中に寝てしま

う。


 もう一眠りしようか…。


 嫌な体の緊張が時間と共に解れてくる

と、麗の穏やかな寝息につられてうつら

うつらしてくる。


 嫌な夢だったけど、嫌な夢はいいことの

前兆っていうし…。

 まさか同じ夢は見ないだろう…。


 欠伸を漏らすと瞼を閉じて再び眠りの底

に沈んで行った。





 体が痛い。

 起き上がると霧の中に倒れていた。


 まさか…これさっきの夢の続き?


 頭上を仰いでも濃い霧のおかげで空が見

えない。

 落ちた時に強か体を打ち付けたのか、激

痛が走る体を引きずるようにして起き上が

る。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!