[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 どうする…。

 ダメ元で飛ぶか?

 それとも一度上って村に戻るか…。



 しかし未だ底が見えないまま飛ぶなんて

自殺行為だ。

 仕方なく奥歯を噛み締めてロープを上り

…かけたら手が汗で滑った。


 ズルッ!!


 体を支えるものがなくなって一瞬ふわっ

と体が浮き、濃い霧の中へ吸い込まれてい

く感覚に陥る。


 落ちるっ…!!


 反射的に体が強張り、拳を握りしめた。


『お兄ちゃん…!!!』



 どこか遠くで聞き覚えのある声が聞こえ

た気がした。







 ビクッ!!

 自分の体の痙攣に驚いて目が覚めた。

 心臓の鼓動を煩い。

 そこが自分の部屋の自分のベッドだと気

づいて、間もなく鼓動のスピードも正常に

戻っていった。


 身動きがしずらいと思っていたら、いつ

の間にか麗が腕の中で眠っている。

 俺が寝ている間にでも忍び込んできたん

だろう。

 兄貴と違って本当に添い寝だけが目的だ

ろうから、特に咎めることもこともないだ

ろうけど。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!