[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「あぁ、そうですわね。

 私ったら、どうしたんでしょう。

 さぁ、部活動を始めましょう。

 3人とも早く席について下さいな」


 部屋の空気の揺れが収まった時、まるで

何もなかったような部室がそこにあった。

 そして最初からそうであったように“歪

み”が正された。

 それが最初から当たり前だったように。


 なん…だろう…。

 何かがおかしい気がする…。


「桐生?始まるぞ」

「あっ、うん…」


 加我の促す声にそれ以上立ち止まってい

ることもできなくて、俺は足早に席につい

た。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!