[通常モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「駆君、加我君、来ましたわね。

 それじゃ部活を…。あら…?

 駆君、その方はどなたですの?」


 部室のドアを開けると、ちょうど目に入

ったらしい部長が俺達を迎え入れた。

 が、頭一つ分大きいクロードに目をとめ

て首を傾げる。


「誰って…部長、クロードですよ」

「………?

 そのクロードさんが新聞部に何の御用で

 すの?」

「なんのって…」


 言いかけたところで、肩にクロードの手

が触れた。

 そして俺の横をすり抜けた。


「やー、部長。

 ちょーっとばっかし遅れてもうたけど許

 してや。

 桜内センセに捕まってしもてなぁ」


 クロードの両手が部長の肩を掴んだ。

 その途端、スッ…と部長の目から光が消

えた。


 え…っ?


 何が起きたんだ、と思った途端に部室の

空気が揺れた。

 瞬きをするほどのわずかな時間だったけ

れども。
 




[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!