[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「…じゃあ、次の英文を誰かに読んでもら

 いましょうか。


 えっと…クラウディウス君」


 英語の授業中、先生に指名されたクロー

ドは立ち上がって教科書を片手に流暢な英

語を話し始めた。

 本場のイントネーションは綺麗に整って

いて、いつもの変な口調が嘘のようだ。


「…せんせ?

 これどこまで読んだらええの?」


 言われてハッと気づいた先生がクロード

の発音を絶賛して着席するように言う。

 どうやら聞き惚れていたらしい。

 席についたクロードだったが、授業も半

ばまで進んでいるのにノートは真っ白。

 黒板の文字を書き写すつもりがないのか

筆記用具さえペンケースから出していな

い。


「…ノートとらないのか?」


 こっそり聞いてみると肩を竦められた。


「今の聞いて、何かノートに書く必要があ

 るように見えるん?」


 …思わないけども。


「あっちで飛び級して大学のカリキュラム

 修了してるから、ほんまはこんな学校入

 り直す必要なかってん」


 初耳だ。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!