[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 とにかく確かめてみないと解らないな。


「えぇっと…誰?

 そこ、新名の席じゃなかったっけ?」

「桐生…?」

 加我に“何言ってるんだ?”という目で

見られた。

 他のクラスメートにも“寝ぼけてる?”

と言われてしまう。


 …どうなってる?

 おかしいのって、やっぱり俺?!


「あははははっ。

 朝からボケかますなんて駆もやるなぁ。

 思わず笑ってもーたわ」


 一度聞いたら忘れられないような変なイ

ントネーションの方言で笑う青年は、その

ままの笑顔で俺を真っ直ぐ見つめてきた。


「まさかほんまに従兄弟の顔を忘れたなん

 て言わへんやろ?」

「従兄弟っ…?」


 従兄弟なんて会ったことはない。

 というか、母さんのほうの親戚には誰一

人会ったことはない。

 イギリスで遠いから…とずっと聞かされ

てきたが、本当は人とは違うからだったの

だろうと思う。


 母さんのってことなら…淫魔?


 でも会ったことはないはずだ。

 これが初対面。

 なのに、何故そんなことを言うのか。

 そもそもクラスメートがなんでこんな反

応をする?





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!