[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 …こんなことってあるんだろうか?


 月曜日、いつものように教室に登校して

きて俺は自分の目を疑った。



 知らない生徒がいる。

 しかも自分の隣の席に、当たり前みたい

な顔をして陣取っている。


「おはよう、桐生。

 …どうした?そんな顔して」


 加我に心配されてしまった。


「い、いや…」


「おっ、駆! おはようさん。

 朝からそないな顔すなや。

 せっかくの朝が台なしやで?」


 そう言って明るく笑う。

 明るいブラウンの髪を掻き上げるグレー

の瞳の青年のことなんて俺は知らない。

 知らないのに、何故名乗りもしていない

俺の名前を知ってるんだろう。

 それなのに加我や他のクラスメートの態

度がおかしい。

 まるでこの青年がいるのが当たり前みた

いな顔で和やかに話をしている。


 …俺がおかしいのか?


 いや、さすがに1ヶ月以上このクラスで

学んでいて隣の席の奴の顔を間違えるはず

はない。

 このどこからどう見ても外国人の顔立ち

をした青年のインパクトは強い。





[次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!