[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 驚いて引っ込んだ涙に今更ながらに気づ

くと、横に居た麗と目が合って、麗がニッ

コリと笑った。


「お兄ちゃんは独りぼっちなんかじゃない

 からね?」


 そして今兄貴が触れたばかりの唇に唇を

かぶせてきた。


「…だから、一緒にいたら危ないって言っ

 てるのに…!」

「何が、どう危ないんですか。

 具体的な実体験でもしたとでも?

 もし仮にそうなったとしても、責任は僕

 が自分でとりますから口出ししないで下

 さい」

「まだ未成年でしょうっ?

 責任をとるなんて簡単に言わないでちょ

 うだい!」

「逆に聞きますが、親がどれだけの責任を

 負えると?

 結局最終的に背負うのは自分でしょう。

 我が子のささやかな願いも叶えてやれな

 いで、なにが母親ですか」





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!