[通常モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「兄貴…麗…」

「お兄ちゃんだってぼくと一緒に居たいよ

 ね!?

 そうだよね!?」


 そう、だけど…。でも…。


「でも…俺といると、兄貴も麗もおかしく

 なるんだろ…。

 俺一人がっ…居なくなれば、それで…っ」


 “それで丸く収まるんだろう?”

 声にできなかった。

 涙が出そうで。


 兄貴も、麗も、俺にどうにかできるなら

どうにかしてやりたかった。

 でも二人がこれ以上堕ちるのを食い止め

たければ、排除しなければならなかったの

は、俺自身…。


 兄貴が近づいてきた、と思ったら顎を上

へ引かれた。


 え…?


 驚いて流れかけていた涙がぴたりと止ま

った。


 兄貴の顔がすごく近い。

 唇に触れるのは柔らかくてあたたかい…


「…目は覚めましたか?

 まったく…自分のこととなるとどうして

 そう悲観的になるんですか。

 駆が身を投げていいのは僕が相手の時だ

 けですよ」


 涼しい表情のまま、いつもの憎たらしい

視線のまま、兄貴は眼鏡の奥の目にぽかん

と動けずにいる俺を映す。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!