[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「ちょっと待って!

 えっと…俺、人間じゃないの?

 兄貴も?麗も?母さんも…?」

「えぇ、そうよ」


 話がスラスラと進みすぎて怖い。

 俺の理解速度を超えていて、軽くパニッ

クを起こす。


 …これはドッキリなのか?

 カメラでも隠してあるのか?


 でも母さんの顔はあくまで真剣だった。


「秀や麗とした時、我慢できなかったでし

 ょう?」


 真剣…なのに言っている内容がそれを露

骨に思い出させて返事が出来ない。

 けれど母さんはあくまでも表情を崩さな

いまま先を続けた。

 まるで全部お見通しだと言うように。


「それはね、駆のせいではないの。

 淫魔とはそういうものだから。

 人が食べ物を食べた時に、唾液や胃液で

 食べ物を分解して吸収するのと同じ。

 淫魔は他者の生気を糧にしているから、

 その生気を引き出すための成分が体液に

 含まれているのよ」





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!