[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「今までずっと言わなかったけれど…

 母さんはね、人間ではないの」


 母さんの話は、そんな突拍子もないとこ

ろから始まった。

 一瞬、日本語がわからなくなったのかと

思うほどに母さんの言葉には迷いがない。


「日本の言葉に訳すと、“淫魔”という種

 族になるかしら。

 他者の生気を少しずつ分けてもらって、

 それを糧にする種族」


 淫…魔…?悪魔ってこと…?


 唐突過ぎて、突拍子なさすぎて、頭がつ

いていかない。

 本かマンガの世界の話じゃないのか。


「だからあなたたちの体にも、多かれ少な

 かれ淫魔の血が入ってる。

 厳密に言えばあなたたちも純粋な人間で

 はないわ。

 秀や麗は人が本来持たない能力ももって

 生まれてきた。

 駆…あなたにももしかしたらそういう能

 力があるのかもしれないわ。

 今はまだ眠っているだけの能力が」





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!