[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 受け身でいたって兄貴は理解できない。

 でも兄貴の腕に引き込まれてしまえば、

一緒にまた堕ちるしかない。

 一歩引いたところからではどうしても本

音を…本当の望みを聞かせてくれない兄貴

に、どうすればいいかなんて俺が聞きた

い。


 そして兄貴がちゃんと前を向いてくれた

ら、麗だって普通に生活できるはずだ。

 俺が兄貴にとられるとか…そんな不安が

なくなればきっと…。


「駆、一つ聞かせてくれるかい?

 駆は現状に満足しているわけじゃない。

 だとしたら、これからどうしていきた

 い?

 兄弟として、家族として」

「あなたっ…!」

「信じてあげようよ。

 僕らの子供たちじゃないか。

 駆はちゃんとみんなのことを考えられる

 子だ。

 だから今も苦しんでいる…僕にはそう見

 えるよ」


 父さんの穏やかな声に、涙が出そうにな

った。

 戸惑っていても、まだ全ては受け入れら

れなくても、“信じているよ”そう言って

くれる。


 母さんの溜息が聞こえた。

 肩から力が抜けたようだ。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!