[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「どうなの、駆?

 黙っていたら分からないわ」


「ご、合意か…なんてちょっと気が早くな

 いかい?

 だってほら、ただじゃれて遊んでいただ

 けかもしれないし」


 自分の息子達がそんなことをしていた…

なんて未だに信じられないという戸惑いが

前面に出て、日頃“物腰柔らかい”と言わ

れる父さんが気弱に見えてしまう。


「あなた、これはとても大事なことなの。

 この子の人生がかかってることなのよ」


 いつもは優しい母さんの声がピンと張り

つめている。

 もうその声に、困惑や混乱はないように

聞こえた。

 だから、俺も覚悟を決めるしかなかっ

た。


「…殴られたり、脅されたりしたのかって

 言われたら…違う。

 でも…兄貴は…時々、怖いことを言うか

 ら…。

 麗が何かされるくらいなら、俺が代わり

 にって…」


 心臓がバクバクと煩い。

 喉が干上がる。

 膝の上で握りしめている拳が嫌な汗をか

いた。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!