[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 コンコン、ガチャ…


「秀ー?おはよう、起きて……」


 部屋を開けて、ベッドの上を見て…母さ

んが固まった。


 ようやくちゃんと目が覚めたらしい兄貴

が起き上がる。

 “さすがに3人でベッドは狭かった…”

なんて寝起きの頭の中でぼやいたかどうか

は知らない。


「あっ、あなた達何してるの…っ?!」


 母さんの喉から悲鳴のような声が漏れ

た。


 その声に麗が俺の腕の中で目覚めて、目

を擦りながら体を起こす。


「それに何っ?!

 こんな甘ったるい香り…誰か他にいるの

 っ?!」


 裸で眠る俺達を見て何があったのか…想

像するのは容易だった…らしい。


 しかし状況を理解してもパニックを起こ

した母さんはヒステリックに叫んで部屋に

踏み込んできた。


 “甘い女性ものの香水か何かを部屋中に

振り撒いたような匂いだった”と後から聞

いた。


 …そう、俺だけが。

 この丸二日間無理をし続けた俺だけが、

その騒動でも起きることができなかった。



 全てを知らされたのは、太陽が最も高い

位置を超えてから。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!