[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 何も知らない足音が階段を上ってくる。

 窓から差し込む朝陽を浴びて、上機嫌に

鼻歌を歌いながら。


 コンコン、ガチャ


「ただいまーっ。

 日程切り上げて帰っ…あら?」


 俺の部屋のドアを開いて、そこが無人な

のに気づいて母さんが首を傾げる。


「麗の部屋かしら…。

 最近一緒に寝ていたみたいだし」


 機嫌がいいのか小さな笑い声を出して、

今度は麗の部屋の前に立つ。


 コンコン、ガチャ

「おはよう。

 起きてる?……いない?」


 麗の部屋も無人。

 “変ねぇ。一階にはいなかったのに…”

 顎に手をあてて小首を傾げる母さん。


 ここで物音に気づいた兄貴が、うっすら

意識を取り戻した。


 その足音が兄貴の部屋の前にきた。


 そして…






[次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!