[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「行きますよ」


 ベッドの端から立ち上がって促す兄貴に

頷いて、麗が眠るベッドをそっと抜け出し

た。

 何も知らずに眠る無邪気な顔を一度だけ

振り返った。


 麗は何も知らなくていい。

 何も知らずに、寝てて。


 兄貴の怒りの刃が麗に向くなら、こんな

ものではすまないだろう。

 そんな気がするから。


 この身一つ差し出してその狂気を受け入

れて、麗の寝顔が守れるならそれでいいと

本気で思った。

 “ぼく、もっと強くなるから”

 そう言ってくれた。

 “ぼくがお兄ちゃんを守るよ”

 その気持ちだけで十分だ。


 だから、俺に守らせてくれ。


 弟の背中に隠れているだけの兄なんて格

好悪すぎる。


 こんなでも…頼りなくても、麗の“お兄

ちゃん”だから、さ…


 まだどうすればいいのかは分からないけ

れど、堕ちたからには這い上がってみせ

る。



 おやすみ、麗…




 パタン…





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!