[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「痛くしてますから、当然でしょうね。

 駆、僕に何か言うことは?」


 痛みから解放されたくて思考が回転する

が、痛みが強すぎて考えるどころではな

い。


「わかんない…っ」


 ひきつる喉から懸命に絞り出して、痛い

のは嫌だと首を横に振った。


「じゃあもう二度と麗を…僕以外の人間を

 ベッドに入れないと誓いなさい。今すぐ

 に」


 後から麗が入ってきたのにっ…


「違っ…。

 寝てたら、麗が入ってきて…っ」


 兄貴を牽制する為にわざと麗を招き入れ

たのではないと絞り出す声で訴えながら、

突起を爪先で苛まれて痛みのあまりじわり

と目尻に涙が浮かんだ。

 俺の言い分を聞いて…あるいは浮かんだ

涙を見て溜飲を下げたのか、兄貴の手が止

まった。

 痛みから解放された体は息を吐き出しな

がらようやく弛緩し、浮かんでいた涙が目

尻から零れ落ちた。

 今夜どうしても体を弄るというなら、せ

めて優しくしてほしい。

 怒り任せにして本当に痛いだけなんて辛

すぎる。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!