[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 時計の秒針がうるさい…そう思いなが

らも、少しうとうととしたようだ。


「お兄ちゃん…?」


 囁くような麗の声が耳元でして、意識

が浮上した。


 部屋は暗い。

 風呂から上がって、やっぱり一緒に寝よ

うと忍び込んできたのか…。

 寝起きで思考回路が鈍い。


 麗なら…。

 
 害は、ない…たぶん…。

 ほぼ何も考えられない状態ながら、体を

ずらして麗が入れるスペースを作ると、麗

は嬉しそうにベッドの中に入ってきた。


「えへへっ。お兄ちゃん、大好き」


 額や頬や唇にキスが降ってくるが、今は

眠い。

 抱き着いてくる麗をそのままにして、意

識はまた眠りの海に沈みこんだ。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!