[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 よし、寝たふりしよう。

 それしかない。


 決めてしまえばあとは早かった。

 いや、動きそのものは早くなかったけ

ど。


 すでにパジャマは来ていたから、部屋

の明かりを消してベッドに潜り込むだけ

だ。


 問題があると言えば…この部屋は鍵を

かけてしまえない上に昼間寝過ぎたせい

であまり睡くないことくらいだ。


 寝たふり、寝たふり!

 寝入ってしまえば、あとはこっちもも

んだしっ



 根拠もなく強気になりながらベッドに

潜り込んで瞼を下ろした。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!