[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 カラオケで一晩明かすかなぁ…。


 こんな体でこれ以上の無茶なんて、どっ

ちが相手でも勘弁してほしい。

 カラオケに一晩逃げ込んでしまえば、明

日の夕方か夜には両親が帰ってくる。

 考えれば考えるだけ、それがいいような

気がしてきてしまうのは、もう考えること

すら嫌になっているからだ。


 それか…。


 兄貴も昨日は無茶をしているはず。

 ろくに寝ていない体で1日講習を受けて

きたんだ。

 今夜まで続けて無理はしないはずだ。


 もし麗が部屋に入ってきたとしても、ま

さか寝込みをこんな体の俺を襲うような真

似はしないはず。


 そう思って、一晩寝たふりを貫き通す

か、だ。


 チラリと時計を確認する。

 なんたって今は腰が辛い。

 家を出る前に捕まってしまえば、逃げら

れない。


 時計はすでに9時を回っている。

 いくら休日でも、こんな時間にいきなり

出かけたら不自然だろうか。

 置きっぱなしになっていた携帯を手に取

り、メールを確認する。

 着ていたのは広告メールだけで、全部削

除して携帯を閉じた。

 いくらなんでも、今から友達にメールし

て今すぐカラオケに行こうなんて言っても

誰も付き合ってはくれないだろう。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!