[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 ゆっくりと踏みしめるようにして階段を

下りると、鍵の差し込まれる音がして外か

ら玄関のドアが開けられた。


 兄貴が帰ってきた…。

 あまりにもタイミングがよくて一瞬げん

なりした顔を見られたのか、帰ってきてす

ぐに兄貴は俺に不機嫌な視線をくれた。


「…ただいま。

 GWだからってこんな時間まで寝ていた

 んですか?」


 …その原因の一端は誰のせいか、ちゃん

とわかってるのか?

 シーツを無駄に強く握りしめながら心の

中で毒づく。


「お帰り…。

 そんなわけないだろ。

 兄貴がとんでもない置き土産をしてくれ

 たから、その後始末」


 …間接的な言い回しになるが、おおむね

間違ってはない。うん。


「嬉しかったでしょう?

 僕の身代わりです」


 ニッコリと笑う兄貴の顔が憎らしい。

 グーパンチでその顔面を殴ってやりた

い。


 …10倍返しの報復が怖いからやらない

けど。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!