[通常モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 気分がスッキリしたところでベッドをチ

ェックして、本当は替えたばかりだろうシ

ーツを剥ぎ取った。


 …気持ちの問題、気持ちの。


 腰をかばいながらなんとかシーツを新し

いものに替えて一息つく。

 
 腰に必要以上の衝撃を与えないようにゆ

っくりとベッドに腰掛けて、部屋を見回す。

 基本的に必要なものしか置かない兄貴の

部屋は物が少なく、汚れているところなん

か見たことない。

 主人の几帳面な、あるいは潔癖な性格を

反映してか、静かな主のいない部屋に1人

でいることはどこか違和感を感じさせた。



 兄貴の本当の望みは何なんだろう…。

 麗の願いはどこで曲がってしまったんだ

ろう…。

 俺の平凡な…家族みんな仲良くっていう

願いは高望みなのか…?


 二人を突き放して、それで歪んだものが

正せるなら…するかもしれない。

 でもそれは何処にも確証がなくて、失敗

したときのリロードはできなくて、家族で

仲良くっていう俺の願いからすらも反れて

しまう。


 出口を求めれば求めるだけ思考はスパイ

ラルに陥る。


 二人の願いを受け入れてこの身を差し出

して…それで一時の仮初は手に入れられて

も、その先は?





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!