[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「あっ…!」


 名案は…浮かばなかった。

 浮かばなかったが、そろそろ兄貴が帰っ

てくる。

 寝ていた兄貴のベッド、大丈夫だろうか。


 …まぁあんなことをしておいて文句言っ

ても聞いてやらないけど。


 それでも今夜兄貴が寝るだろうベッド

だ。

 チェックがてら整えてやってもいい。


「…っしょ」


 腰は相変わらず重かったが、休息のおか

げかゆっくりでなら歩けるレベルにまでは

回復している。

 ついでにいい加減服も着てしまおうと、

まずは自分の部屋に寄って衣服を身に着け

た。

 その足で兄貴の部屋に再び足を踏み入れ

る。


「………」


 うん。とりあえず換気だ、換気。

 ゆっくりと窓に歩いていって窓を開け

た。

 後方のドアを開けたままにしていたおか

げで、夕暮れが終わって夜の帳がおりてき

ている空から涼しい風が入ってくる。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!