[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「あっ…兄貴、もうッ…!」


 生温かい口内に再び先端を包まれて声が

上擦る。

 もう何度放ったのかわからないのに、そ

の舌に舐め上げられると再び上向いていっ

てしまう。

 ジンジンと痺れるような熱がいつまでた

っても解放してくれない。

 もう無理だと思うのにすでに抗うだけの

体力もなく、頭の上で両腕を一つにまとめ

て縛っていたタオルは手首を動かすたびに

少しずつ緩んでいったのかとうにその役目

を果たしてない。

 でもたとえそんなものがなくても、目の

前で俺の体をいいように弄び貪る涼しげな

顔の兄貴を拒めない理由があった。





[次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!