[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 兄貴はふと何かをひらめいたように意地

の悪い笑みに変わった。


「そうですね…。

 じゃあ弟思いの駆にチャンスをあげます

 よ。

 これから賭けをしましょうか」

「賭け…?」

「そうです。

 駆が勝ったら、僕はもう麗に冷たいこと

 は言いません。麗を悲しませることもし

 ません」


 …胡散臭い。

 兄貴の余裕のある笑みが余計にそれを駆

 り立てる。


「本当に?」

「はい」

「本当の本当に?」

「くどいですよ、駆。

 二言はありません」


 兄貴はきっぱり言い切った。

 その淀みなさが…余計に胡散臭い。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!