[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「麗?」

 2階へ上がっていき、麗の部屋をノック

して暫く待ってみても返事はなかった。


 まさか俺の部屋で寝てる…?


 今までがそうだったからそうかもしれな

いと自室へ行ってみたがそこには誰もいな

くて…。

 麗も一人で頭を冷やしたいのかもしれな

いとそれ以上構おうとするのは敢えてやめ

た。


 麗は明日になればゆっくり話ができる。

 今はそっとしておいてやろう。


 もう一つの問題は、兄貴だ。

 売り言葉に買い言葉だったとしても、あ

れはない。

 いくら麗が喧嘩を売ったとしても、あれ

じゃ火に油を注ぐだけだ。


 二人とも、どうしたんだ…。

 それとも仲がいいって思っていた俺が間

違ってたのか…?





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!