[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「はいっ、もしもし!」

《あぁ、駆?お母さんよ。

 さっき携帯にかけたんだけど繋がらなく

 て…。

 何かあったの?》

「う、ううん。なんにも。

 兄貴帰ってきたから、出迎えてて。

 携帯、部屋に置きっぱなしだから」


 せっかくの旅行だ。

 心配はかけたくない。


《そう?ならいいのよ。

 何か困ったことはある?

 もう高校生と中学生だし、大丈夫だとは

 思うけど》

「うん、大丈夫。

 何にも心配いらないから。

 父さんと旅行楽しんできて」

《もう駆ったら…。

 じゃあ二人によろしくね?》


 電話口で母さんは照れたように笑った。

 幸せそうに。


「うん。伝えとく。

 父さんにもよろしく。

 おやすみ、母さん」

《おやすみ。

 火の元と鍵は忘れずにね》


 そして通話は切れた。

 受話器をそっと置く。



 今夜は長くなるな…。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!