[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「麗はもう寝たんですか?」

「いや、起きてるよ。

 麗?兄貴帰ってきたよー」


 階段に向かう途中の廊下にいるはずの麗

に声をかける。

 と、麗が俯いたまま無言で…まるで幽霊

みたいにフラフラと近づいてくる。


「麗…?」


 様子がおかしい。

 一歩麗に踏み出そうとして麗に手首を掴

まれた。

 そのまま手加減のない力で引かれ麗のほ

うへとバランスを崩す。

 しかしそのまま倒れこむわけにはいかな

くて、咄嗟に壁に手をついて途中で体を支

えた。


 …え?


 唇にやわらかいものが触れた。

 一瞬遅れてそれが麗の唇だと理解してバ

ッと顔を上げた。


「麗…?!」


 家族の…他の人がいる前ではしない約束

だ。

 だからこそ今まで麗の我儘を許していた

のに。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!