[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「もうしないから、許して…」


 幼い頃からケンカしても“もうしない”

そう言えば兄貴は大概のことは許していく

れた。

 反省して繰り返さないと約束すれば、そ

れ以上の追及や断罪はしてこない。


「…父さんや母さんが知ったら、悲しむで

 しょうね。

 まさか僕の学習用にと買ったもので駆が

 こんなことをしていたなんて知ったら」


 全身が震えた。

 首筋に刃をあてられたような気がして、

慌てて首だけ振り返った。


 そこにいたのは…意地の悪い笑みを浮か

べる兄貴。

 その意地の悪さは今まで俺が知らなかっ

た暗さを秘めていて言葉に詰まった。


「まさか…言わない、よな?」

「さぁ、どうしましょうか…。

 駆が今後僕のいうことをきちんと聞くい

 い子になるなら考えますけどね…」


 このことを知られたら、父さんと母さん

は…。

 嫌だ。それは嫌だ。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!