[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華

 



いつまでも立ち直らない俺に、談話室で膝に乗って髪の毛を撫でてくれる。


「……なぁ、いい加減泣き止みな。」

『……と、まんない……』


しゃくり上げる横隔膜に邪魔されながら何とか喋った。


「お前何で泣くの。あんな事で。」

『俺にとっては……何でもなく、無い……』


ぎゅう、と抱きしめる腕に力を込めて、そこに縋るように額を押し付けた。

俺にとってね、ユウは全てなんだよ。


俺の全部だよ。


「……涙、まだ出て来んのな。」

『そんだけ、スゴイ悲しかった。』


息が出来なくなるくらい胸が痛くて。


「……俺に嫌われた、と思ってそんな悲しかったん?」

『うん……』



「……キス、俺が嫌がったのそんな悲しかったん?」

『うん……』


ふ、と
何かを考えるような仕種をして周りを見回す。

廊下に視線をやって、何かを確かめたらしいユウの手が肩に置かれて

きゅ、と目をつむったユウの顔が近付いて唇に柔らかいモノが押し当てられた。


『ユ、ウ……?!』


欲しかった感触は1秒もしないうちに離れちゃったけど


「……ホラ、泣き止め。」


少し照れ臭そうに伏せられた瞼、紅く色付いた頬が、堪らなく愛しい。


「……レオ?」


抱きしめたユウが、腕の中で俺を見上げた。


『まだね……まだ、足りない。』







「……泣き止んでんじゃん。」

『うん。』


「キスしたいだけだろお前。」

『うん。』


ぷぅ、と不機嫌そうに視線を逸らして、小さく呟いた

「……人が来たら止めろよ。俺廊下に背中向けてて解んないんだからな。」

『うんっ。』

「……今回だけな。」

『うんっ!』

「今回だけ、特別な。」

『……うん!』



……最後に、一言を頂戴。


「ょシ……。」
 


ホントに、ホントに小さく……恥ずかしそうにそう言って。

可愛い、可愛い、可愛い。
    大好き。

ぎゅう、とつむった瞼にキスを落としてから紅く濡れた唇に口付けた。

[*前へ][次へ#]

45/299ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!