[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華






「れぉっ……ん……」



唇が触れる寸前に漏れた声は少しだけ抵抗を呼び掛けて

首にかけてあった手は胸に宛てられて何回か押し返そうと試みていた。


『ユウ……お願い……』


そうとだけ呟いてまた口付けて
少し強めに上唇を吸った。

「……ん……」


きゅう、と
【よし】の代わりに小さな手がワイシャツを握り込んで

くにくに、と俺の舌にユウの柔らかい舌が搦められる。


「……くぅぅ、ん……」


喉の奥から漏れた声は俺の口に塞がれて

「くふぁ……」


飲み込み切れない唾液と共にユウの顎を伝った。


目を開いた先に
長い睫毛に縁取られたユウの淡灰色の瞳。

皮膚の薄い瞼と耳までが紅く色付いてて
全部、全部、全部、全部

……食べちゃいたい。

[*前へ][次へ#]

41/299ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!