[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
一人だけ同行
 



「じゃ、俺レオと彰んとこ行ってくんね。」


『……じゃあ、俺先に寮帰ってるから。』


「帰す訳ないだろう?」



振り返ると、胡散臭い笑みを湛えた副会長。



「悠紀仁の用事が終わるまで、春日には生徒会の仕事してもらわなきゃ。
……どんだけ溜まってると思ってやがる……」


うわ、今口から毒が溢れた。


副会長を中心に禍々しい(マガマガシイ)空気が渦を巻いているのは決して気の所為じゃ無い。



「もちろん、俊と猛も返さないからね?」


席を立った二人に釘を刺し、何かを諦めた双子が腰を下ろした。


『……て訳だ悠紀仁。終わったら連絡くれ。』

なるべく早目に。


「ん。分かった。」

「じゃ……ミナサマ方。俺はユウと一緒に遊んでキマース♪」



クックック、と


圭介が嫌味っぽく笑って悠紀仁と共にドアの向こうに消えた。




「自分で片付けてよ。」

そのドア目掛けてマイセンのティーカップを振りかぶった会長に、久遠副会長が冷たく言い放った。


「……チッ……」



やり場の無い憤りと共に、勢いよく立ち上がった俊が低く呻く。



「……獅子緒……あいつ……2学期からは生徒会入れてやっからな……」


これで、オクタゴンの悠紀仁以外の7人が全員生徒会になった訳ね。

[*前へ][次へ#]

38/299ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!