[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
バスケ
□■□■□■□■□■□■





「あー食った食った」



俺らの軽く3倍は頼んどいて食べ終わるのはほぼ同時(若干悠紀仁が早い)なのは、やはりどこか超常現象的な物を感じる。


……まったく、あの細い身体の何処に入るんだか。



「ごちそーさまデシタ!!」


ぱし、と両手を合わせてお辞儀。



……可愛いなオイ。



『もう帰るか?』

「うん。……あ、ありがとうございました。」



周りに軽く会釈をして鞄を拾い上げる。

こんな奴らにも礼儀を忘れない悠紀仁はエライと思うよ。




「……帰るの?」

「うん。友達と約束してるし。」


心持ち不機嫌そうな会長。


「ユウ、俺も一緒にいていい?」

「あぁ、平気だよ。みんなでゲームするだけだから。」


チッ……


悠紀仁が駄目だ、っつー訳ねぇのに……クソ。


分かってて聞きやがる。





均衡状態の部屋の中に響き渡る電子音。



笑点のテーマ。



着うたバージョンらしく、途中に【パフ】だの【パヒョ】だの入って来ている。


……まぁ、こんなの設定するのは……コイツしかいない訳で……



「はぁーいもしもしー」


少し間延びした声で電話に出る俺のオヒメ様。




「あれ?彰?どったの?」


「……今?生徒会室だよ。うん。……うん。別に暇だけど。部屋でゲームしようと思ってたし。」



「え?それってどういう……オイ、待てあき……」



そこまでひとしきり喋って、通話が切れたらしいケータイを片手に眉を寄せる。



『……どーした。』

「なんか……彰が、【体操着に着替えて館履き持って第2体育館来い】って……。
なんか先輩が俺のバスケ見てみたいんだってさ。」

『お前は行くの?』

「うん。まぁ楽しそうだし。不動も来るだろ?」


も、……て事は横の巨大なにゃんこは既に行く気満々らしーデスネ。


電話聞き耳立ててて、通話終了と同時に何やら話し掛けてたし。
(わざわざ耳元で)


『いや……俺、サボり気味で周り煩いだろうからパス。』


一人テンションが高すぎて苦手な人が。

バスケに対する情熱がウザ過ぎて、何とか俺を毎日部活に来させようと奮闘している……友人が。



教室にいるときは言ってこなくなったが、これで俺が部活に顔を出したらまたその熱が再発するに違いない。

[*前へ][次へ#]

37/299ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!