[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
 て め え ら
 

「しょーがねぇーだろ惚れてんだから。」

「もーデレッデレ。俺ら。」


アハハ、と頬を緩ませてる双子。


「ちなみにねぇ、僕も初恋なんだ。メロメロに惚れてるよ。」

『そーなんですか……。』

いらない情報をありがとうな変態王子。


「俺もね、その人しか見えない。スゲェ好きなんだ。」

「俺もこれが初めて。自分から惚れるの。」


こちらに詰め寄って来るペット2匹。


『……ふぅん。』


ノロケでも何でも良いから俺がいないとこでやってくらはい……;
こうさ、何か……壁殴りたくなるわ。幸せそうな顔しやがって。
もげろ。





『でもそんなヤツなら外に恋人とかいそうですよね。
そいつはフリーなんですか?今。』


聞いたかぎりの性格なら女にモテそうだが。
……あ、この中では男にもモテるのか。


と、ここでいきなり皆の動きが止まった。



「……恋人?」

『いや、だって顔良くて、そんな気持ちイイ性格して、一緒に居て幸せになれるような奴なんだろ?
ならもう恋人いそうじゃん。』


いてもオカシクなさそう。
 
なんたってコイツらが揃って惚れるくらいなんだし。




「……悠紀仁、いるの?」

『え。何で俺ですか?』

「いーから答えろっつの。いんのか?彼氏。」

『うを何でソコ相手男限定なんだよ。』


テメェ俺の事何だと思ってやがるコノヤロー!!


「悠紀仁。いいからちゃんと答えて。恋人いるの?いないの?」


肩を掴まれぐい、と向きを変えられ奈緒先輩と向き合う形になる。


少し辛そうな茶色いビー玉が二つ、俺を覗き込んで来た。


『……いない、です。』

「ホント?!」



いや何でアナタそんな嬉しそうな顔してんだよ!!


「待て。お前、今までにもいたことねぇ……のか?」

『か……悲しいけど年齢=で恋人いない歴ですよ!!
悪かったなぁ!!』

俊コンチクショー!!
自分はモテるからって!!


「なんだ……良かった。」

「ユウ、びっくりさせないでよ。」

「……心臓痛くなった。」


ほっとしたような顔をする3人。
……テメェら自分はモテるからって……ッ!!

[*前へ][次へ#]

25/299ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!