[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
だから危機感をPart.2
□■□■□■□■□■□■




『……悠紀仁!!』


遠目からでもすぐわかった。
あいつは人目を引くから。


人込み掻き分ければ、案の定。


「あー……不動、どしたん?そんな血相変えて……」


ッ……何でカツラ被ってねぇんだよ!!
大声で呼んでしまった名前を後悔した。


『……獅子緒先輩が一緒だっのか……。』


まぁとりあえず良かった。この人がいれば変な奴に絡まれたりはしてねぇだろ。


「うん。なぁ俺お腹減っちゃったから飯食い行こーぜ?」

『……ああ。』


急いで走って来たので息が切れていた。
本数は減らしたけど、やっぱ煙草やめようかな……。


「でな、奈緒先輩が生徒会室のルームサービス使っていいって。行こーぜー」



満面の笑みで……ホント嬉しそうなお姫様。


『え……て、は?』

「あそこさ、食堂とは作ってる人が違うんだってな?スゲェー美味いよね。」


……生徒会室、で?

あれか?
もしかしなくとも今ならもれなくあの3人が付いてくんのか?


『マジかよ……。』


正直落ち込むわー……

悠紀仁はと言うと、


「何頼もうかなぁー」

なんて、上機嫌。





……ま、さ。
可愛いから許しちまうけどさ。

いいや。寮帰って……彰達とのゲームが終わったら二人っきりだし。

気を取り直して、歩き出した。

[*前へ][次へ#]

19/299ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!