[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
恥ぃぞチクショウ
 



「……お前以外に誰がいんだよ。
俺は悠紀仁以外のヤツなんかを大切に扱ってやった記憶は無い。」


「悠紀仁だけだよ?
俺の特別。」



真顔で。




『え……拒否ってイイ?』

凄い勢いで。



「……何が不満だコラ。」




『あの、俊も、猛さんも、俺の羞恥心くすぐって楽しい?俺、顔赤いけど見てて楽しい?』


火が出るよ火が。




「……楽しい。」

『うぉ猛さん今凄い発言しましたね。
ダメだよ人をいじめることに楽しみを見出だしちゃ。』


お兄さんみたいになっちゃうよ?


「そうじゃねぇよ。
お前の反応が楽しい。」




くつくつと笑いながら俺の頬を長い指でつつく俊。



イジメか。
コレイジメっすか。

恥ずかしいじゃねぇーかコノヤロウ。
すげぇ効果的な嫌がらせだな、クソッ!


『うっせーよバーカ。
お前、んな事真顔で言われてみろ。照れんじゃねぇーかよチクショウ。』


そうでなくともアナタ達無駄に顔良いんだから!!

そんな台詞は女口説く時にでも使ってください!!



恥ずかし紛れに奈緒先輩の首に抱き着いて顔を埋めてみた。


「わ、悠紀仁顔熱い。」

『そ、……そのへんノータッチでお願いします……』



温度上がっちゃうじゃん。



『あッ……と、
……俊と、猛さん。えと。』


「「何?」」



うわぁ。
俺今もじもじしてるよ。キモいよ。

しばらく視線を泳がせて、俯いたまま下から伺うように視線だけ上げた。



『あの……大切、とか……特別、なんて……言ってくれて……アリガト。』


そんだけ言ってまた顔を伏せた。


イヤン。
照れるよ。照れちゃうよ。


「悠紀仁。」

『……なんすか奈緒先輩。』


上から降ってくる声に少し頭を動かす。


「僕もね、悠紀仁の事大好き。一番大切で、悠紀仁だけ特別だよ?」


……ッ、
またアナタは楽しそうに!!


ぐれるよ?!

いやもうぐれてるけど!!

族の総長とかやっちゃってるけど!!




『か……お、また熱くなっちゃったじゃないですか……。』



まったくもう。



「ねーぇ、返事は?」

『は??』

「僕にも、返事頂戴?」


身体を少し離して、赤い顔を覗き込まれて、間近にある整った顔に少し心拍数が上がった。

[*前へ][次へ#]

10/299ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!