[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
ヤベェってこれ。
□■□■□■□■□■□■




おぉぉぉぉぉ。

ヤバイよヤバイ。



え?
4時間目もう終わるって?

それしきのヤバさじゃねぇーよ。
大変だよコレ。




1時間ほぼ休息に充てたケド無駄に終わったよ。


『……立てない。』


腰に力入りませんが。


いや当たり前だよ。あんな短時間に4回もヌいた事ねーもん俺。




「大丈夫?俺抱っこしようか?」



で、5回も出して何でそんなに元気一杯なんだよお前は。



『た……のむ。』


元はと言えばコイツのせいだし。

感覚はあるが、力が入らない。
立とうとすると、腰から砕ける。

オイなんだよコレ初体験だよ初体験。


『ユウ、どこ行く?寮帰る?』


「うんにゃ……。昼飯前に寄るとこあるから、いい。鞄教室に置きっぱだし。」



本宮さんの事気になる。



何か、時間が経ったら痛くなった……とか、なったら怖いし。
 

「そう。分かった。」


『でな、3年の理系のクラスがあるトコ行ってくんねぇ?』


「……何しに行くの?」


途端顔付きが険しくなる。


『ちょっとね、俺の不注意で怪我させかけた人がいるんだ。様子見にね。』

「……ふぅん。」

『その後、俺の教室連れてって。
鞄持ったら寮帰ろ。』

「分かった。」





疲れ気味だったので




微妙な振動はかなり眠気を誘った。




幸い授業が終わるまであと十なん分かある。

……このまま寝させてもらおう。




「……ユウ、眠い?」


無言で頷き、目を閉じた。

「そう……なら、連れてくから、寝てていいよ?」





その言葉に、もっかい軽く頷いて意識を手放した。

[次へ#]

1/299ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!