[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
おどろ木桃の木
 


……いきなりのことで変な声を出してしまった。
しかも大声で。

その所為だろうか。まわりが騒めいている。


『……俺…僕、は…悠紀仁…っていいますけど……』


その男は肩を落として、目に見えてがっかりした表情を見せた。

「いや、いいんだ。人違い……だったようだ。
すまない、こんなに若いはず、ないのに。」




あまりの落胆ぶりに、
俺は、
後々後悔する一言を言ってしまう。




『悠臣は…僕の父ですが……ご存じなんですか?』



男の人の顔付きが変わった。

俺の肩を掴んで、真正面から目を見据えて真剣な眼差しで問い掛けてくる。


「君は…悠臣の息子か?……っ、確かに似てる、が…君の名前は?!どんな字を書くんだ?!」

気押されて、疑問詞を口に出すことさえ考えず思わず答えていた。


『……藤堂悠紀仁(トウドウユキヒト)……こちらと同じ藤堂、に悠久の悠、世紀の紀、仁で、悠紀仁です……』


言い終わって、

……相手がいきなり抱きついてきた。


『?!!ちょっ……すいません……!!』

やっと離れたかと思うと、腕を掴まれて引きずられるように連れていかれる。



……どこに行くの?

[*前へ][次へ#]

4/99ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!