[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
風呂場から聞こえる怪音
 

『それじゃあ、わざわざありがとうございました』

「いや……何かあったらすぐに言うんだよ。」

やけに念を押すな。この電話だけでもう何回だろう。

『わかりました。本当にありがとうございます。おやすみなさい。』

「あぁ、おやすみ。」


まぁ寝る時間でも無いんだけどさ;
日本の社交辞令の不思議。

話し終わるとほぼ同時に部屋に着く。
キーで扉を開けてすぐ……

「…に、………ぁ……」

くぐもった声が聞こえた。


特に気にも留めずに自分の部屋に入ろうとバスルームの前を通って……その原因がはっきりする。



「…あっ、……不動様……あんっ……ぁ…」

ハァ━━(゚Д゚)━━??




風・呂・場・でサカってんじゃねぇぇぇぇぇえええッ!!

いやでも自分の部屋ならいいトカそういう問題じゃねーけどな!!つかどーせ聞こえてくるし!!


しかも今後俺も使わなきゃなのに……そんな場所でヤるとかさぁ……
キル・ユ━(゚∀゚≡゚∀゚)━!!


ぬっ殺したい……いっそもうアイツの○○取れちゃえばいいのに……


……


…………


………………


部屋に入っても布団被っても聞こえてくる喘ぎ声と不動って方の
「オラオラもっと腰振ってねだってみろよ」
的な発言に居たたまれなくなって来た……

でも……今は夏場。猫と一緒に被ってるカツラの中もかなり暑い。
今日は絶対に風呂に入りたい。

だがしかしあの行為が終わるまで待ってその行為が終わった後のあの場所を使うのも嫌だ。
せめて今日くらいは。

バスルーム開けて中が物凄く生臭いとか想像しただけで今すぐ殴りたくなってくる。


しばらく考えた後、良い事を思いついて着替えを入れたバッグを持って部屋を出た。

[*前へ][次へ#]

39/99ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!