[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
着信音1
 

先輩と別れたあたりでケータイに着信があった。
後で着信音変えよ。事務的な電子音じゃなんとなくつまらん。

着信は……ハルキパパ。


『はいもしもしー』

「悠紀仁か?もうそっちでは落ち着いたかな。」

『あ、はい何とか。今食堂でご飯食べて来たところです。』
高いのを。

「そうか。何か欲しいものはあるかな。」

あ そーだそーだ飯といえば。

『欲しいものって言うか……したいことがあるんですけど。』

「何だい?」

『……俺、自炊しても良いですかね。』

「………それは…どういう意味なのかな?」


……意味っつってもそのまんまですが。

『食堂の値段が高くて…。今まで庶民な生活送ってきたんで、あそこで買う気しないんです。』

「…悠紀仁がしたいならそれでいいが……勉強に支障は出ないのか?」

……俺が、金使わせまいと気を遣ってる、みたいにとられたのかな。

『いえ、全然平気です。……と言うか、母親が死んでからずっと家事は俺がやってたんで、寧ろしないと落ち着かないんですよ。』

ケータイのむこうで
「そーかそーか」
とハルキパパが苦笑している

「あ、それと……」

『はい。』

「隆也君にはもう会ったかい?」



……誰それ。

[*前へ][次へ#]

37/99ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!