[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
一時休止
 

「……嫌われるかと思ったよ。」

いやいやいや。それが常人の反応ですけど……

嫌うっつーより、今からでも避けたい気分。恥ずかしい的な意味で。




でも、俺を力一杯抱き締めて……めっちゃ嬉しそうな顔をしている久遠先輩を見て、



……突き放すようなことを言う気になれなかった。



『……もうしないでください。』

「ごめん。本当に……、もう無理矢理したりしないよ。」 


例え無理矢理じゃないとしても俺同意しないよ?!



「じゃあ、もう行こうか。」
『ふぇ?』


立ち上がり、尻叩いてると腕を引かれた。


「生徒会室。……呼ばれてるんでしょう?」



時計を見ると6時を過ぎていた。

ッッッッッッッ!!!!

……背中に嫌な汗が流れて、心臓が冷えた。ヤバイ。どうしよう。マジで。



何かもう変な分泌液みたいだ。ダーラダラ。

[*前へ][次へ#]

27/99ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!