[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
2
□■□■□■□■□■□■



……何やってんだ、俺。

腕なんか使えなくても脚技使えば、逃げられるかもしれないのに。

もともと腕力は無いけど、……っ、なんで抵抗しないんだ??



男相手のキス、でなんでか腰砕けて……、挙げ句、……立てない。もう逃げられないし……っ。


久遠先輩と自分の口から、唾液が糸を引いてるのを見て……

……なんだかよくわかんないけど、涙が出た。



恥ずかしい、とか情けない、とかそんな感情がぐちゃぐちゃになって俺から溢れ出して。




覗き込まれた顔に、一層熱が集まるのが嫌な位分かった。



『……っ、』

思わず……目を背けて……しまった。



だって……同性に、キス…されて……気持ちいいとか、思って…


あんな声上げて……泣き顔まで、見られて。



顔なんか合わせられない。



何で、何で俺あんな……


手の甲でぐりぐり目を擦っていると、ふぃに顔を両手で挟まれて持ち上げられて瞳を覗きこまれた。


「……ごめんね……」


茶色のビー玉みたいな瞳が真っすぐこちらを見つめている。


「……いきなり…こんな………君に、……」


綺麗な顔はすごい困った様な表情をして、俺を覗き込んできてて。

「…嫌だった、よね…ごめん……」


久遠先輩のほうが狼狽してて、今にも泣きそうで。
おろおろと、頬に付いた俺の涙の跡を指でなぞり…整った顔に苦痛を浮かべてただひたすら困窮していた。



…そんな顔をされると、…こっちが困っちゃうじゃん…



まるで、悪いことをしたようなばつが悪い気持ち。



『……び、びっくりした、だけですか…ら…
そんな顔……しないでください……。』


「…本当に?」

伏せていた顔が上がった。

少し寄って来ている……


『……っ、びっくりして……あと、ちょっと恐く、て…たぶん、それだけ…です。』



体を離そうと身を退いた瞬間、久先輩遠に抱き寄せられた。


「…よかった……」


耳元で安堵の溜め息がきこえてきた。




吐き出された息が首筋にかかり、少しくすぐったくて。
……何故か、気恥ずかしくなった。

[*前へ][次へ#]

26/99ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!