[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
アンタ何すんですか



って思った瞬間だった。

気付いたらその整った顔が近づいてきたなー、と


んで何か唇に柔らかい物がくっついてるなーっつーかこの人顔近すぎだけど何がしたいんだろ……




……何が……



んんン〜〜〜んン━━━━!!





男に、

男に……



ちっすされてしまった。


俺のファーストキスッ!!!!(泣)



『……てめっなにす…んんっ…!!』


文句を言おうと口を開けた瞬間、舌が入り込んできた。


……俺のファーストキス男とディープ……



歯列をなぞり、上顎、舌根……
口腔内を無遠慮にやたらめったら掻き回されて。


しかも、それが、無駄に気持ち良いから堪ったもんじゃねぇ。何すんだよ。


『んぅっ……ふ、はぁっ……んぅ゛っ』

クチュクチュと濡れた音が、気持ち良くてぼーっとしてた頭ん中に響いた。


深く、浅く……巧みにキスを操られて、だんだん抵抗もおざなりになっていく。
どっちの物か分からなくなった唾液が溢れ、俺の顎を伝ってそこだけ空調に晒されてひんやりと……体温を大気中に手放した。


『……ひっ…や、ぁ…やぁっ……!』

右手が縫い止めていた俺の腕を離れ、首筋を滑る。

変に上ずってしまった響きの拒絶の声に、唇を塞ぐ主が少し反応した。




━━やばぃ、腰に、力入んねぇ……━


壁と相手の身体の間から、自重を支えきれなくなった膝が崩れ落ちた。



―スッ―

ジンジン疼く頭が、微かな刺激を捕える。


何かが頬を掠めて、離れて行った。

[*前へ][次へ#]

23/99ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!