[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
3
 


「その眼鏡……伊達?」


『いぇ……そういうわけじゃないですよ……
ものすごく、目が悪いです。さっき当たったのは偶然ですよ偶然。勘で言いましたから。』



なんとなく曖昧に答えてはぐらかそうとして……



「嘘をついたね?」

『へ・・・・・・?』

「そのレンズ、度が入ってない。」


はい軽く失敗。


『伊達……です。』


うぅ……なんか有無を言わさぬオーラがあるんだよこの人……


「何でそんなのかけてるのかな?」

この目立つ外見を隠すため、一番の目的は会長から身を隠すため。

言えないよなーって黙ってると久遠先輩が少し黒い笑顔を滲ませた。


「外して」
『…え…??すいません。無理です。』

「何で?」


何でって言われても……

『伯父さんの言い付けで。』

「ふ〜ん……言い付けね。

やっぱ外してよ。」


俺の話聞いてたのか?それともこの学園の奴らはみんなこうなのか??

みんな人の話聞かないのか?


『え……』


俺が詰まってるとさらに先輩が突っ込んできた。
しかも、有無を言わさぬオーラを纏って。

「隠されると気になるでしょう?外してよ。見てみたいからさ。」


先輩眼が笑ってません……っ!!


い、言い逃れ……ッ!!何か、……話題の転換はっ?!!


『久遠先輩も……』
「僕が、何??」

『久遠先輩も、その笑顔……伊達じゃないですか。』


久遠先輩の顔から一瞬で笑みが消え去った。




……お、俺、まずいこと……言っちゃった?



墓穴2つ目ktkrってやつ?

やめてください!真顔&無表情で怒らないでください!怖いですっ!

まぢやめて……まぢ……本気泣き入りますが。

つか近寄って来ないでください……後ろ壁だから、逃げられないんデスケド……


……腕………
……何で掴むん…?


『何ですか?』

「眼鏡……」


はぁ?


「作り笑い、僕も取ったんだから、君も眼鏡取れよ。」

え、ちょ、
……何その理屈……


「取ってくれないの?」

俺だって手ぇ使わなきゃ取れねぇよ。つか離してくれ。

俺ぁ、行動制約されたりすんのキライなんですょ。


『……手、離して下さい……』


「取ってくれないなら僕が取るよ?」


あ、やった片手自由になる♪

[*前へ][次へ#]

22/99ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!