[携帯モード] [URL送信]

流竜神話

神を祀る社であった『祠』は、いつしか神を閉じ込める封印の枷に。

神を崇める道具であった『楽器』は、いつしか神を操る具足となった。

封印されし神たちを解放するために。
なにより、『彼女』への償いのために。

彼は一人、旅を続ける。
0.前奏曲(プレリュード)
1.龍笛(リュウテキ)

レビュー(0件)


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!