[携帯モード] [URL送信]

短編
−sidestory@
※一個前の「たぶん幸せな人生」の弟妹・攻め視点です。
ずんどこ暗いので、ご注意を。
それとAにだけ、少しグロ表現ありです。





幸せを亡くした人たちの話


気づいたら、たった一人、病院の長椅子に腰を掛けてうつむいていた。
俺は、何をしているんだろうか。
俺は、
俺は、
頭を動かそうにも、なぜか頭の中は真っ白で、何も考えることができない。
こんなこと生まれて初めてで、ただただ呆然と天井を見上げた。

ふいに、絹を裂くような叫び声が、俺の意識を切り裂く。

「いやあああぁぁぁ!!!お兄ちゃん!お兄ちゃん!」
「起きてよ!起きてよお兄ちゃん!こ、こんなの、こんなの嘘だぁ・・・!」
「お医者様、お兄ちゃんを助けてよ!ねぇ、こんなところになんで置いておくの!?なんで!?」
「いやだ、いや、いやだよ、こんな、お兄ちゃ、」

喉を傷めんばかりの、叫び声。
まるで、断末魔のようだ。
ぼうっとしたままの頭で、声が聞こえてきた方を見つめる。
通路に並ぶ観音開きのドアの一つが、片方だけ開き、そこから声が聞こえてきているようだった。
鼻をすする音、絶えない嗚咽、泣き叫ぶ声。
そう、その中には今、”アイツ”の体が横たわっているから。


そう、自然に考えてから、不思議に思った。
”アイツ”とは誰だ?


未だ途切れない叫び声に押し出されたかのように、一人の少年が後ずさりするようにその部屋から出てくる。
その顔は真っ青で、体は何かの発作の様にガタガタと震えている。
そしてそのまま廊下にへたり込み、おびえる様に頭を抱えた。
その少年を追いかける様に、その少年よりはもう少し年嵩の二人の少年が扉から出てくる。
一人は泣きはらした真っ赤な瞳で、何かから一緒に逃げるようにへたり込んだ少年を抱きしめ。
そしてもう一人の少年は、俺の存在に気づいて視線をこちらへと向けた。
この悲しみの坩堝といわんばかりの空間に一人、その少年だけが凪いだ瞳でいることに、酷く違和感を感じた。
ゆっくりとその少年がこちらに向かってくる。
俺はそれに身構えも、警戒も、親しくも、笑顔も浮かべること無く、ただその少年が自分の目の前までやってくるのを、ぼんやりと見つめていた。
その少年はよく近くで見ると、綺麗に整った顔をしていて。
理知的といえる、知性が見える。


(あぁ、”アイツ”が言ってた通りの、)




[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!