[携帯モード] [URL送信]

短編
たぶん幸せな人生@
※受け死ネタです。
ほのぼののつもりなのですが、全体的に薄暗いです。
浮気美形×不幸平凡




気づいたら体が地面から浮いていて、その上透け透けになっていた。
道を歩く人に話しかけても無視され、壁も楽々通り抜けられてしまう。
ここまでされれば、認めるしかないのだろう。
正直、突然すぎることで自覚も薄いのだが。


どうやら僕は、死んでしまったらしい。


こじんまりした自分の葬式を、人に見えない姿になったのだから見つかるわけでもないのだが、なんとなく中に入れずに外から覗きつつ、自分の人生を振り返る。

物心ついたときには親はなく、孤児院で育った。
同じ道をたどって孤独を抱え、我儘ばかりの弟妹たちの面倒を必死に見ていれば、孤独を痛感する暇もなく。
孤児院の助けになればと、バイトをしながら学校へ通った。
奨学金を受けながらとりあえず高校は卒業できて、よしがんばって働くぞ、と決意した矢先。
そんな時に、孤児院は財政難で潰れた。
施設の運営者は夜逃げして、真夜中へとへとになってバイトから帰ってきた俺は、そのことを弟妹たちに聞いて驚いたもんだ。
話ぐらいしていってよね、って感じだよね。
なんとか弟妹たちの受け入れ先を見つけ、身辺整理も終わった俺に残されたのは、奨学金の返済という借金生活。
高卒じゃあ大した仕事も決まらずに、いろんなバイトを掛け持ちで働き続けた。
力も体力もそんなある方じゃないから、無理をしては病院に通い。そして医療費に消えていくバイト代。
流石の僕も、ちょっと人生にくじけそうになったそんなある日。


僕は、恋をした。


なんてことはない。
僕が働くコンビニの常連客だったその人が、優しく僕に笑いかけてくれた。
それだけだった。

その笑みに、僕は一瞬で恋に落ちた。

大人たちに助けられたことはない。甘えられる環境でもなかった。
弟妹たちは自分のことに精いっぱいで、まさか僕が頼るわけにはいかなかった。
あの子たちもいろんな道にぶち当たって、僕にそれをぶつけては、乗り越えていたのだから。
それを悲観したことはない。そういう運命だったのだろうと思う。
少なくとも、誰かのためにいつも生きてこれた。そのことは、僕のアイデンティティになったのだから。

けれど、やっぱり優しさが欲しかったんだ。きっと。


一瞬触れたその優しさに、僕は心を奪われてしまった。


僕が恋したその人は、男の人だった。
その上、回りの人いわく『どうしようもない男』だった。
なんの因果か、その人の『恋人』になれた僕は、けれどいつだって『恋人』じゃあなかった。
たぶんその人の傍にいる人たちと全然違う毛色の僕を、物珍しく思って近くにいることを許したのだろうと思う。
キスはした。セックスもした。

けれど、その人がセックスする相手は、僕だけじゃなかった。

愛してると言われたこともない。
冷たい言葉を投げかけられたことは、何度も。
けれどなんとも残念なことに、そんな扱いに、僕は慣れていたから。
全然辛くも何ともなかった。
ただ。
好きな人と一緒にいることを許されている。
それが、夢のように嬉しかった。



[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!