[携帯モード] [URL送信]

短編
−C


その日のうちに、”アイツ”の家に来た。
もう何度も使ったことのある、この家の鍵をさして回す。
このご時世に、簡単に開いてしまうセキュリティの低い、ドア。
中に入ればいつもの通りに、そこはがらんとした寒々しさで俺を出迎えた。
寒々しい、だなんて感じたのは初めてだった。
いつも、何もない、とか、さびしい、なんてことは、感じてはいたのだけれども。
それはやはり。

何度も、何度も部屋の中を見まわす。
ワンルームだから、ユニットバス入口のすりガラスもすぐに見えて。
どこを見回しても、俺、ひとり。


(当たり前だ。この部屋の主は、さっき小さな欠片になった)


それを骨壷に収める作業までしてきたのに、なんだか未だに信じられない。
買い物に行ってるんじゃないか。
いつもみたいに、「ただいま」といって、帰ってくるんじゃないか。
そう思って、何度も何度も部屋を見回すが、部屋は静かなままだ。

急に体から力が抜けて、目の前にあったベットに倒れこむ。
体が重い。
頭が、霞ががったようにモヤモヤして、ぐらつく。
悪酔いしたような状態が、何日も続いていた。
こんなとき、そっと俺の頭を梳く手が、いつも傍にあった。
ゆっくりと滑らすようにして、俺の頭をなでていた暖かい手。
その感触も、いつまでたっても訪れることはない。
当たり前だ。
いつまで待ったって、遅れてくるなんてことはおろか、もう二度と感じることはないのだ。

ふわり、と、嗅ぎ慣れたにおいが蒲団から香る。
久し振りの、”アイツ”の匂いに、頭の隅がカッと熱くなった。

久し振り、なのだ。
いままで、ずっと自分の傍にあり続けたものだったのに。

酷く、むしゃくしゃした気分になって、ベットにうつ伏せたまま腕を振り上げそのまま振り下ろす。
全力でベットを殴りつけたが、その衝撃のほとんどが、ベットに吸収されてしまう。

叫びだしたかった。
なにを叫びたかったのかは、わからない。
けれど、胃の中で、なにか得体の知れないものが暴れ回っていた。
背中がぞわぞわする。吐き気がする。頭が痛い。熱い、熱い、熱い。
漏れ出た息は、熱く、か細かった。

荒れ狂う意識の中で、ばさり、と本が落ちるような音が聞こえた。
ベットの下に視線を向ければ、一冊のノート。
どうやら枕の下に忍ばせてあったものが、先ほどの衝撃で落ちてしまったようだった。
何となくそれを拾い、そしてページを一枚めくった。
そして、瞳に飛び込んでくる、”アイツ”の字。



[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!