[携帯モード] [URL送信]

小説v2
深海少女〜下〜



笑顔も上手く笑えなくなった!
誰にも合わせる顔がない!
もう…ほっておいて……!



メィ「ぅ…。」



声にもならない声が漏れてしまう。




えっ。突然、君が姿を消し…た?



メィ「っ!!」



闇が彼を隠し一人きり。
限界、私!



メィ「待って!連れていかないで!!」



闇に手を伸ばす。



ルゥ「ほらね、君も素敵な色を隠してんだよ!!」



メィ「きゃっ!」



腕を惹かれる。



街は、イルミネーションで賑やかだった。




ルゥ「綺麗だね…。」


メィ「うん…。」



私、この人をもっと知りたい。




悲しむのはもう終わり…
次は、……。








[*前へ]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!